ワカサギ釣り初心者なら紅サシ(餌)は一袋あれば十分に足ります

ワカサギ初心者が使う紅サシについて

ワカサギ初心者が使う紅サシについて

高滝湖のワカサギ釣りで使う餌、高滝湖ボートハウスで受付をする場所で販売されていますので料金を払う時に餌を購入しましょう。

忘れると釣れません(笑)

ワカサギの餌には色んな種類があります、釣り場によって変えるしかありませんが高滝湖では概ね紅サシで十分だと思います。

ほかには、赤虫とか白サシとかブドウ虫とかありますが私は使っていません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワカサギ初心者は餌が無くなる心配はしなくても良いです

一人一袋あれば最初は十分に足ります

小さな袋に入っているので足りないかもしれないと感じます。

感じるけど気にしなくても大丈夫です、たぶん間違いなく余る予定ですから。

目安として先日高滝湖で師匠が隣で午前中に700匹釣ってましたが一袋で十分に足りています(二刀流)

心配いりません。

餌箱

餌箱

餌箱はあってもなくても構いません、ただ紫外線に当てるとせっかくの紅サシが白くなってしまうので暗い場所で保管しながら使うことをおすすめします。

生の餌が気持ち悪いので違うものが良いと感じる人へ

紅サシ

紅サシ

そういう人は釣りするな!と言いたいところですが一応対応策はあります。

紅雪と言う商品がある。

ワカサギ紅雪

ワカサギ紅雪

似せた感じの物が市販されているので購入してみるのも手かと思います。

釣れるかどうかは知りませんが、一応ネットの反応を見るとつける人もいるらしいです。

ワカサギがバホバホ釣れているときはたぶん強い見方になりそうです。

釣れすぎて紅サシがなくなってきた時の対処

たくさん釣れている時に感じるのはが無くなるかも??ってことです。

が、これも対処法はあります。

二つの針に紅サシをつける

二つの針に紅サシをつける

方法は二本の針に一匹のベニサシをつけて半分にしてしまうのです。

真ん中ぐらいで切る

真ん中ぐらいで切る

撮影の為にタックルボックスの上においてハサミを使っていますが、手に持っておこなったほうが作業は確実だし早いです。

ハサミを使うときはライン(糸)ごと切らないように注意しましょう、切っちゃうと仕掛けを作り直すことになっちゃいます。

二つに分かれる紅サシ

二つに分かれる紅サシ

上の画像、良く見ると左側の紅サシから白いものが出ています、これでワカサギを集めているわけですがこの白いのが無くなったら餌の交換をしたほうが釣れやすいです。

餌は常に新鮮にして使うと釣りやすいですよ~。

 

■■釣具の通販ならココ■■
【アウトドア&スポーツ ナチュラム】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です